edd92005138a95328db9b3249a259d69

 

意識高い人が集まる横浜川崎湘南の結婚相談所「おみ婚」わたべです。

今日はであった男性をあんまり好きすぎてストーカーと勘違いされた女性のお話しです
男性40代女性も同じ年齢です。相談所で知り合った二人は、最寄り駅が同じでご近所さん同士です。年齢が同じと共通点がいろいろあって、初めて会ったティールームの席で意気投合しました。その場でラインのアドレスも交換するほど気持ちが盛り上がりました。

お休みは平日のシフト制の二人はデートに合わせて休みをとってすぐにデートを決めてスムーズな交際開始となりました。
最寄駅が同じ駅の二人は近所さん同士ですぐに会えました。
一日休みの日は、足を延ばして電車で鎌倉に出かけたり、彼の車で箱根にドライブデートと楽しい逢瀬を重ねました。

彼女は彼と会うごとに、穏やかな性格の彼を好きになり、結婚をしたいと思いました。

出会ってから2か月半、彼女は相談所のカウンセラーに彼との結婚を考えていることを告げて彼がに自分をどう思っているのか聞いてほしいと頼みました。カウンセラーは二人の順調な交際を眺めていたので、彼も結婚の意思があるのだろうと思っていました。

しかし、彼の言葉は違っていました。

「彼女はいい人だけど、時々ストーカーみたいで怖いんです。」

彼女は彼にメールでいろいろと質問していました。
住んでいるアパートはどの辺り?とか、どこのお店で買い物するの?とか、出勤時間は何時になるの?とか、いろいろと彼の生活スタイルを聞いていました。

「今日は7時に帰って来たね、お疲れ様。」
一緒に暮らしているわけじゃなのに、そんなお帰りなさいのメールが来ると、いつも見張られているようで彼は彼女に恐怖を感じてしまいました。

彼女は彼を待ち伏せしていたわけではありません、彼女も仕事をしているので彼の事を待ち伏せするような時間はないです。ただ彼の仕事のシフトの予定から今頃帰るのかと予想して、お帰りなさいメールを送りました。彼女は大好きな彼に喜んで欲しかった気持ちから一緒に過ごしているようなお帰りなさいメールを送り続けてました。

好きな女性に自分のことを興味深く聞かれるのはいいけど、それ以上に彼女が自分のことを知っていたり、先回りするようなメールが送られると、怖くなって心が引いてしまいます。彼女は彼が大好きになって、彼のことが知りたくて、お世話したくて、先回りしてしまいました。彼女が彼のためにと思ってやったことが、裏目に出てしまいました。

男性は狩猟本能が根本にあります。届きそうで届かないから獲物を一生懸命に捕まえようと頑張るのが男心でしょう。

12rank-enkyorino

そんな男の気持ちを無視して、彼を管理しようとしたから彼の心が離れてしまったのです。男は縛られれば縛るほど嫌がり逃げていきます。なかなかつかまらないから本気になって追いかけていくものなんですよ。

そうよね、彼女が彼を大好きになって彼を守ってあげたい気持ちはわかります。
でもね、それは男女の気持ちというよりも親が子供を管理するような気持ちではないでしょうか。

彼をお世話したい気持ちを少し抑えて、彼の心をじらすような、つかず離れず微妙な距離をとれば彼の狩猟本能に火がついてあなたを追って来たのに残念。
もうちょっと男心を理解して余裕の有る行動をとれば違う結末を迎えたでしょう。

例えば、毎日数回送るメールをぱったり止めてみる。すると、あんなにうるさいくらい彼女からのメールが来なくなって男はびっくりします。あれっ?どうしたんだろう。彼は彼女に何かあったのか心配します。

あんまりこちらで計算してばかりしてもだめだけど、相手に見破られることもあるので男女の操作は慎重に、ここは相手の様子を見ながら交際を進めることです。難しいけれど、男女の交際はどちらか一方だけが強くてもうまく行かないのが男と女の仲、程よいバランスで進めて結婚まで進みたいです。

walk

男は女性を支配したいと思います、けれど本当は女性の大きな手のひらで転がされてみたいなの願望もあります。
男は船、女は海のような余裕のある大きな心で対応できたら男性からモテモテになるに違いありません。恋愛でつまずく女性はどこかで焦っていたり、自分だけの思い込みで動いてしまいます。

男女の仲は相手があっての自分です、自分の事、相手の事を客観的に眺めながら行動することがいいです。あんまり冷静すぎては心が熱燃え上がらないけど、恋愛はほどほどにお互いのバランスを保つこと。これを知っていれば交際はスムーズに進みます、独りよがりにならないシーソーゲームのように恋愛を楽しみましょう。

今回の格言、男は管理すればするほど心は離れてしまうもの。海のような広い心で男心をあそばせましょう。