会社風景3
出逢えたを叶える横浜神奈川湘南の結婚相談所おみ婚わたべです。

会社の福利厚生はいろいろありますが、「福利厚生で婚活支援があれば使いたいと思うか」と婚活意識調査を婚活サポート会社ibjが365人からアンケートを取った回答からのデーターです。

無題
なんと6割の人が福利厚生で婚活支援があればいいなと思っています。

福利厚生の婚活支援は、婚活パーティー参加費の一部負担や相談所入会の負担などです。
では、この福利厚生の婚活支援を使って婚活をしたいかと、たずねるとちょと微妙なのです。

婚活は、本人のプライバシーの問題に関係してきます。
会社から援助してもらい婚活すると、職場の人にばれてしまい肩身が狭く感じる人もいます。本音は、婚活していることを内緒にしていたいのです。
周りからいろいろととやかく言われるのは、うっとうしく迷惑に感じたり、結婚相手は自分で探すと考えている方が多いからでしょう。

友人の紹介が一番
結婚するうえで一番期待しているのは、昔からの定番の「友人知人の紹介」

47パーセントの方がやはりこれが一番自然な流れと思っています。
気の置けない仲良しの友人ならば、自分にピッタリの人が見つかるかなと思います。
友達から結婚相手に相応しい紹介を受けるためには何か自分から動いた方がいいのでしょうか。

友人知人の紹介してもらう対策としては

① 周りに結婚して幸せな友人がいることや、
② モテる友人がいること、
③ 友人が自分に対して結婚相手をさがしていることを気にかけてくれること
④ 日頃から、友人と仲良くしていて自分が婚活していることを発信し続けること
⑤ 友人に対しての根回しだって大事、友達と日ごろから交流していること

民間の婚活サービスに期待する方も43パーセントありました。

私どものような結婚相談所も皆様のお役に立つことを認知されているのにホッとしました。

結婚サービスの利点は

① 結婚相談所に登録している人は、全員が結婚を希望しているので自分に相応しい人に出逢ったら、スムーズに進みます。
② 二人の交際で進まない時に第三者のカウンセラーが間に入って取り持ってくれる
③ カウンセラーが精神的なフォローアップしてくれるので、婚活で折れそうになっても心の支えになり結婚へと進みます。

〆ますと。
婚活は、いろいろとアンテナ建てて情報収取をして、使えるサービスは利用したほうが時間とお金はお得です。自分は婚活をしていると発信することが大事です。
婚活は相手が人間のことなので人との交流も常にしておくことです。
人は人を運んでくれるのだから、やはり人との関係は大切にしたいものです。

出会いや結婚前提のお相手などの男女のお付き合いについてお気軽にご相談くださいませ!
ご相談したからといって入会のご案内はございませんのでご安心を。
?おみ婚わたべ宛入会前に結婚相談をチャットで
直接facebookメッセージでも受け付け中。https://www.facebook.com/profile.php?id=100007794585718

? お電話のご相談なら045-355-3115

?Webから:http://www.omikon.jp/service