再婚や熟年結婚などでよく問題になるのが、結婚で発生する遺産分割や相続に関する問題です。
親御様の結婚において、現在の御子様や親族が遺産が減るので、結婚を反対されるケースもございます。
高齢のご本人の結婚で親族に反対を受けた時には未入籍という選択肢も有ります。
伴侶になられるお相手には一緒になる前に、遺言で遺産を残す方法もございます。
その他詳しい内容は、「おみ婚」専属の弁護士、司法書士、税理士などが対応いたします。
その都度、内容に関してご相談ください。