「お見合いの待ち合わせの時、お見合いするような感じの人でいっぱいで、恥ずかしいんだよね。」こんな切実なお悩みです。
お見合いの待ちあわせは、ホテルのロビーやわかりやすいティールームの前あたり、最寄り駅のそばなどと誰でもわかりやすい場所です。
それは沢山の人が出入りできる場所、多くの人の目にさらされやすい場所、とても恥ずかしい場所なのでしょうね。
おめかしして、なれないそぶりで待っていれば、いかにもお見合いの待ち合わせの感じです。
仲人歴17年のカウンセラー「おみ婚」渡部からすれば、人生出会いの初めての場なので微笑ましく感じるのは当然なのですが、ご本人は恥ずかしい気持ちで逃げ出したい、この場所に一刻でもいたくないお気持ちのなのですよね。
照れてしまう恥ずかしい気持ちわかりますよ。

お見合いの時間は、通常午後2時から3時頃が待ち合わせのピークの時間帯です。
出誰もいない時間にしましょうか。待ち合わせの時間をお店の開店の時間帯に合わせると、まだ誰もいないので恥ずかしくないですよ。
午前10時や10侍半、遅くても11時頃。お相手の承諾を得て早めの待ち合わせにしてもいいですね。
あとは、16時17時あたりが休日でも比較的すいている時間帯です、お見合いの待ち合わせの人が沢山いないので恥ずかしさも半減しますよ。

お見合いの服装は男性はスーツ、ジャケットが定番のところをお相手の相談所に連絡して、あえてカジュアルな姿で行きますとお断りするのもいいです。
「私はお見合いじゃないよ。デートの待ち合わせだよ。」とカムフラージュできます。
また、誰でも知っているホテルのロビーで待ち合わせでなく、こっそり会える隠れ家的なサロンで待ち合わせするのもいいです。
この場合は、前もってお相手に綿密に待ち合わせの地図を送る手間はかかります。
ひと手間を惜しむような面倒くさがりの人は、少し手の込んだ待ち合わせは難しいですね。
もし、お見合いで待ち合わせが恥ずかしい方は、事前にわたくしにお知らせください。恥ずかしくないように対応いたします。